エキセルリム株式会社

slide_01
slide_02
slide_03
slide_01
slide02
slide_03

会社案内

  1. ホーム
  2. /
  3. 会社案内

会社概要

社名

エキセルリム株式会社
(英文: EXCEL RIM Co., Ltd.)

所在地

滋賀県草津市東矢倉三丁目20番1号

代表者

代表取締役社長 李 添財

事業内容

モーターサイクル用アルミリムの製造・販売及びモーターサイクル用品の輸入販売など

設立

1954年3月1日:株式会社高砂製作所

1989年4月1日:高砂チエン株式会社と合併し、株式会社高砂アールケー・エキセルとなる。

1991年4月1日:株式会社タカテツ機器開発が合併し、株式会社アールケー・エキセルとなる。

2010年7月1日:株式会社アールケー・エキセルからリム事業を分社し、エキセルリム株式会社となる。

資本金

2億円(資本準備金1.7億円含む)

株主

EXCEL SOUTH ASIA SDN. BHD.

従業員数

100人

取引銀行

滋賀銀行 草津支店/りそな銀行 京都支店

主要取引先

(国内)スズキ株式会社 カワサキモータース株式会社 ヤマハ発動機株式会社 本田技研工業株式会社
(海外)KTM AG Triumph Motorcycles Limited Royal Enfield (A Unit of Eicher Motors Ltd.)

沿革

高砂鐵工株式会社

1932年9月

鉄鋼丁番を製造していた栗山工業所(大津市)の業務を引き受け、高砂鐵工(株)滋賀工場が発足

1943年9月

滋賀工場が大津航空機工場に改称され、航空機の部品加工を開始

1944年3月

草津町矢倉(現在地)に工場全面移転

1945年8月

終戦となり、草津工場に改称され、自転車とその部品の製造を開始

1952年3月

草津工場で二輪車用リムの製造・販売開始

株式会社高砂製作所

1954年3月

高砂鐵工(株)草津工場を分離し、『株式会社高砂製作所』設立

1956年11月

自転車用リムの製造中止、モーターサイクル用リムが主体となる

1958年12月

モーターサイクル用アルミリムの製造・販売開始

1964年1月

モーターサイクル用リムの「日本工業規格表示工場」指定

1973年4月

モーターサイクル用アルミリムの新工場竣工

1982年3月

モーターサイクル用リム成型新工場竣工

1982年9月

モーターサイクル用着色リムの製造・販売開始

株式会社高砂アールケー・エキセル

1989年4月

『高砂チエン株式会社』と『株式会社高砂製作所』が合併。『株式会社高砂アールケー・エキセル』として発足

株式会社アールケー・エキセル

1990年4月

『株式会社高砂アールケー・エキセル』と『株式会社タカテツ機器開発』が合併。『株式会社アールケー・エキセル』となる

1993年5月

タイ国のユニオンオートパーツと販売業務提携

1999年5月

滋賀工場ISO9001認証取得(モーターサイクル用リム部門)

2004年12月

鉄リム生産をタイ国のユニオンオートパーツへ生産委託

2005年3月

ISO14001全社認証取得

2006年1月

マレーシア合弁会社「EXCEL RIM社」アルミリムの生産開始

2006年12月

RK EXCEL AMERICA INC.発足

2007年2月

滋賀工場新事務所建設

2010年7月

『株式会社アールケー・エキセル』からリム事業を分社し、『エキセルリム株式会社』となる。

エキセルリム株式会社

2010年8月

MW Italia S.p.A.が株式の85.1%を取得

2010年10月

本店移転、東京都千代田区神田富山町9番地 千代田第3手塚ビル

2012年11月

MW Italia S.p.A.が株式の100%を取得

2013年1月

本店移転、滋賀県草津市東矢倉三丁目20番1号

2017年11月

EXCEL S. A. Sdn. Bhd.(KILANG SPROCKET S.A. SDN. BHD.)が 株式の100%を取得

取得認証

品質マネジメントシステム ISO9001:2015
初回登録日:2001年6月25日

環境マネジメントシステム ISO14001:2015
初回登録日:2005年3月15日

インドネシアSNI認証 SNI4658:2008
初回登録日:2019年4月11日

インドBIS認証 IS16192:Part 3:2018
初回登録日:2023年8月21日

マレーシア工場取得認証

環境マネジメントシステム ISO14001:2015

インドネシアSNI認証 SNI4658:2008

インドBIS認証 IS16192:Part 3:2018

品質・環境方針

品質方針

常に顧客満足を志向し、品質向上・品質改善に務め、積極的に新技術に挑戦する。そして次の目標を掲げる。

当社は「3つのEXCEL RIM」の実現を目指す。

  1. 開発力の EXCEL RIM

    ・常に開発で先頭を走る。
    ・世界最高の品質、世界で唯一の商品を開発する。

  2. 人材の EXCEL RIM

    ・「さすが EXCEL RIM の人」と言われる仕事上の実力を身につける。
    ・「先ずEXCEL RIMに話してみよう」と思ってもらえる信頼感を獲得する。

  3. 機動力の EXCEL RIM

    ・会社の小ささを強みにする。
    ・案件の関係者間での情報共有を完璧にする。
    ・案件毎の担当責任者を明確にする。

環境方針

世界の隅々までモーターサイクル用EXCEL製品を供給するわれわれは、環境に関連するあらゆる法規制を遵守するとともに、事業活動による環境影響をミ二マイズするために、常に、以下の工夫をいたします。

  1. 素材において:材質の選定・設計、歩留向上、リサイクル率の向上の工夫
  2. 加工において:騒音の防止、加工エネルギー削減、加工副資材の選定・削減、油脂・化学物質・煤塵の流出・拡散防止の工夫、用水削減と水質保全
  3. 梱包・輸送において:資材の選定、簡素化、リサイクル率向上の工夫
  4. 販売・サービス・管理において:資材・エネルギーの削減、廃棄製品による環境汚染防止の工夫
  5. 上記 1~4 を実行するための設計、作業方法、地域・顧客とのコミュニケーションの工夫

2017年12月 1日
エキセルリム 株式会社